Honjo Sightseeing Association

本庄まつり

クリックで拡大表示

本庄の「鎮守のお祭」として親しまれている金鑚神社の大祭。山車には金箔や漆彩色で仕上げられた見事な彫刻や精巧な彫金、華麗な文様の緞帳が飾られ、子どもたちも加わった囃子方の奏でる優雅なお囃子の音色が、独特な祭情緒をかもし出します。

現在、山車は10基あり、うち8基は市指定文化財で、いずれも明治5年から大正13年までに建造されました。桃太郎、神功皇后、日本武尊、加藤清正など、人形を乗せた絢爛豪華な山車が晩秋の中山道を巡行するさまは、まさに時代絵巻そのもの。それぞれの山車の彫り物・刺繍も見事に施された一級品で、北関東随一の山車として有名です。夕闇が迫り、提灯に灯が入ると、山車はさらに優雅に姿を変え、見るものに、日本の古き祭り情緒を満喫させてくれることでしょう。
住所 本庄市
アクセス情報 JR高崎線本庄駅から徒歩で約5分
駐車場 駐車場有り
電話番号 0495-25-1111
住所
本庄市
アクセス情報
JR高崎線本庄駅から徒歩で約5分
駐車場
駐車場有り
電話番号
0495-25-1111

山車

現在の山車の内8基は市指定文化財で、いずれも明治5年から大正13年までに建造された。
4輪台車の上に囃子座と人形座をのせる江戸型山車の形式。
その特色は人形座と、その内部に置かれた、神々の姿をモデルにした人形が迫り出すカラクリを持つ。精巧な彫刻や漆塗り、金箔や彫金、華麗な文様の幕類で飾られている。

各町別の山車紹介

宮本町 泉町 上町 照若町 七軒町 仲町 本町 南本町 台町 諏訪町

宮本町の山車

人形 日本武尊(やまとたけるのみこと)
製作者 三代目 法橋 原 舟月
製作年 明治15年
山車の高さ 580cm
山車の幅 305cm
囃子 「逢魔囃子」「屋台囃子」「神田囃子」「神楽囃子」

泉町の山車

人形 武内宿禰(たけのうちのすくね)
製作者 横山友治郎(朝之)
製作年 明治20年ごろ
山車の高さ 530cm
山車の幅 195cm
囃子 「さんてこ囃子」「かわりめ」

上町の山車

人形 神功皇后(じんぐうこうごう)
製作者 横山友治郎(朝之)
製作年 明治35年
山車の高さ 570cm
山車の幅 196cm
囃子 「大間」「屋台囃子」「通り囃子」

照若町の山車

人形 桃太郎(ももたろう)
製作者 浪花屋・庄田七郎兵衛
製作年 明治33年
山車の高さ 580cm
山車の幅 200cm
囃子 「大馬」「屋台囃子」

七軒町の山車

人形 加藤清正(かとうきよまさ)
製作者 町内の人たち
製作年 大正13年
山車の高さ 593cm
山車の幅 275cm
囃子 「大間」「屋台囃子」「通り囃子」「篭丸」「新道」「貴船」「数え唄」「ヒョットコ囃子」

仲町の山車

人形 神武天皇(じんむてんのう)
製作者 三代目 法橋 原 舟月
製作年 明治5年
山車の高さ 615cm
山車の幅 209cm
囃子 「大麻」「屋台囃子」「通り囃子」「ヒョットコ囃子」「篭丸」

本町の山車

人形 石橋(しゃっきょう)
製作者 浪花屋・庄田七郎兵衛
製作年 昭和3年
山車の高さ 581cm
山車の幅 219cm
囃子 「大間」「篭丸」「屋台囃子」「数え唄」「ヒョットコ囃子」「通り囃子」

南本町の山車

人形 連獅子(れんじし)
製作者 日光兼光(高崎市)
製作年 平成3年
山車の高さ 570cm
山車の幅 225cm
囃子 「大間」「篭丸」「ヒョットコ囃子」「屋台囃子」「通り囃子」

台町の山車

人形 素盞嗚尊(すさのおのみこと)
製作者 浪花屋・庄田七郎兵衛
製作年 明治18年
山車の高さ 538cm
山車の幅 210cm
囃子 「大麻」「篭丸」「ヒョットコ囃子」「屋台囃子」「通り囃子」

諏訪町の山車

人形 太田道灌(おおたどうかん)
製作者 日光兼光(高崎市)
製作年 平成5年
山車の高さ 570cm
山車の幅 225cm
囃子 「大麻」「篭丸」「ヒョットコ囃子」「屋台囃子」「通り囃子」

本庄市観光協会