写真:小山川の桜

こだま千本桜まつり

 毎年4月上旬に「こだま千本桜まつり」を開催しています。

 児玉地域内の小山川河畔5km(キロメートル)にわたり植えられている約1,100本の桜がみごろを迎えます。

 ぜひ、みなさんお誘い合わせのうえ、お出かけください。

その他のお花見スポット

若泉公園 (若泉)
約130本のソメイヨシノが咲き競っています。トンネル状に花咲き、川面に浮かぶ花びらがが春の情緒を醸し出します。近隣の元小山川沿いに咲く約120本の桜並木も見事です。
城山稲荷神社 (本庄)
本庄城址に連なる城下公園内に鎮座する城山稲荷神社。約80本の桜が咲き誇ります。境内のケヤキの木(県指定文化財)は、弘治2(1556)年、城主本庄宮内少輔実忠が築城の折に献木したものと伝えられています。
本庄市総合公園 (北堀)
園内入口、園内遊水池、男堀川沿いに約150本のソメイヨシノ、ヒガンザクラ、枝垂れ桜などが華やかに咲き誇ります。
城山公園 (児玉町八幡山)
埼玉県指定史跡の公園は雉岡城跡ともいわれ、園内には約300本のソメイヨシノが華やかに咲き誇ります。園内には「群書類従」の編纂刊行者として、わが国の学問史上に巨跡を残した国学者・塙保己一先生の縁の品々が展示されている「塙保己一記念館」があります。
間瀬湖 (児玉町小平)
間瀬湖を囲むように桜が植えられ、湖面に映る桜が美しく映えます。間瀬湖はヘラブナなどの釣り場としても有名なほか、堰堤・管理橋は国登録文化財に指定され、その景観は「新日本百景」「ふるさとさいたま百景」「利根川百景」にも選ばれるほどの美しさです。
↑ページのトップへ戻る