Honjo Sightseeing Association

2019クリスマスディスプレイ&マルシェ

投稿日:2019年11月20日

本庄市花の会ディスプレイ&
本庄農業女子マルシェ乞うご期待!

本庄市は全国有数のポインセチア生産地であり、栽培技術も全国トップレベルにあります。 本庄市花の会では、例年、市内で生産された色鮮やかな鉢花を展示する「クリスマス・ディスプレイ」を実施しています! 今年でなんと27回目、令和初めてのディスプレイ楽しみですね🎄✨ また、昨年大好評であった本庄農業女子による「クリスマスマルシェ」も同時開催します! 本庄農業女子は地元の野菜や花などの農業を身近に感じてもらうため、女性ならではの視点を生かし、地元のカフェや 公民館での料理教室など広く活動しています🎵 ぜひご来場ください!

【本庄市花の会 クリスマス・ディスプレイ】
展示期間:12月11日(水)~20日(金) (土日除く)
午前8時30分~午後5時15分(最終日は午前10時まで)
即売会日時:12月20日(金)午前11時  
※開始時間が例年と異なるため、ご注意ください。  
場所:本庄市役所 市民ホール(1階)  
内容:ポインセチアやゴールドクレストなどの飾り付け展示 

本庄農業女子プレゼンツ クリスマスマルシェ】
日時:12月18日(水)午前11時~午後2時  
場所:本庄市役所 市民ホール(1階)


🌼生産者インタビュー🌼

ポインセチア農家の境野昇寿さん

-ポインセチアがずらりと並んだこの光景は圧巻ですね。

ちょうど11月の今頃から出荷が始まります。クリスマスフラワーと言われているけど実は11月が一番綺麗なんです。「なるべく長くお客さんに楽しんでもらいたい」そんな思いで栽培しています。長持ちさせるために根をよく張らせ、温度、湿度、水、空気、肥料などの環境づくりに気を付けています。今はポインセチア、プリンセチアをそれぞれ6種類ほど栽培しています。実は本庄市はポインセチアの有数の産地で、出荷量は県内一位なんですよ。私の所属する「本庄市花の会」では、毎年市役所のホールにクリスマスディスプレイとして飾り付けをしています。

-ポインセチアは紅葉してこのような綺麗な色になるんですか。

正確に言うと、緑色の葉が紅葉するというよりは、赤い葉っぱが生えてくるんです。短日植物なので日照時間が減ると赤く色づき始めます。家で育てるときも、しっかり短日処理をすれば翌年も楽しめますよ。

-具体的には何をすればいいんですか。育て方のコツがあれば教えてください。

9月頃から短日処理を始めれば良いのですが、日中は窓際で十分な光を与え、夕方からは段ボールなどで覆い、光が入らないように日照時間を管理します。 水くれは毎日やる必要はなく、土が乾いたと思ったらたっぷり水をあげてください。 ポインセチアは原産地がメキシコということもあり、寒さに弱いので、一年を通して暖かい所で育ててあげてくださいね。

本庄市観光協会